お台場のガンダムを見てきたよ!
公開前の6月とコミケ中の8月14日と最終日の8月31日の3回行きました。
お盆の時は写真は撮ってないのですが、凄い人混みでした!!
まさにお祭り会場という雰囲気で移動がスムーズに出来ない状態でした。

定時に、ライトアップ・首の稼働などのイベントがあるのですが
その前になるとガンダムの正面の人だかりは動かずにじっと待機していて
混雑はピークに!

屋台をしてたり、酒盛りをしてるグループがあったり、と
潮風を浴びながら夏の夜を満喫できる空間でした!

さて、私が撮った写真は公開前の6月と最終日(台風接近中)ということで
お祭りの賑わいは写ってませんが、ガンダムファンの“熱さ”が
垣間見えると思います。







丁度、ガンダムの動画がネットにアップされ始めた頃で
口コミで情報が広まって、正式オープン前にも関わらず
撮影に興じる人達の波は後を絶ちません。



親子連れも多かったですが、もれなく親父が一番はしゃいでいました。



午後にはガンダムを正面から見ると逆光になってしまうので
午前中か夜間が撮影に最適という噂が流れていました。
屋形船からも眺められるということで、あらゆる角度から
ガンダムが愛でられていました。



6月と8月では、日の落ちる早さも違って夜の暗さも微妙に変わってきます。
何度も行きたくなる楽しみのある等身大ガンダムです。



最終日のガンダムを思いっきり楽しもうと計画していたのですが
ナント当日は台風接近中!夜にかけて台風が関東地方に
最も近づく…という状況のなか、ガンダム目指して進んでいきました。





お盆の間は入場規制も行われていたゆりかもめの台場駅ですが
当日は違う意味の非日常がありました。



風が強すぎて傘が壊れてしまったのか、或いは傘を持っていても
ずぶ濡れになってしまうから「もうどうにでもな〜れ」という気持ちで
捨てられたのか。





捨てられた傘が物語るのは一体…と不安になりながら
いよいよご本尊とのご対面です。



6月に見た、晴れやかな景色はそこになく
泥との格闘を覚悟させる修羅の道でした。









ガンダムを見た後、人々はそろって「温かい物が食べたい」
「温かいスープが飲みたい」「温かいうどんが食べたい」と
つぶやきながら震える身を抱きしめるのでした。

そして、暖を取ろうとアクアシティお台場へと向かいます。



ジャンプショップの様子を撮りましたが、がら空きで寒いです。



アクアシティお台場内はどこも肌寒い空気が漂っていたのでした。

最終日は、ガンダムを見るというよりは台風と戦うという
目的になってしまい、楽しかったかどうか思い出せません。

しかし、ガンダムは最高でした!



ワンピース感想サイト『若竹』へ戻る




広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット